鼻中隔延長

鼻中隔延長手術を受けた女性

About

鼻中隔延長とは

鼻中隔延長の症例写真

鼻中隔延長とは、鼻先を整えるための手術方法の1つです。
鼻先の手術ではいくつかの術式を組み合わせておこなわれることも多くあります。
鼻中隔延長はおもに鼻の土台形成をするために適用される手術です。

そもそも鼻中隔とは、鼻の両側をわけている壁のことです。

鼻を人差し指で押すと、ベタッと沈み込む場合には、鼻中隔延長の手術を組み合わせることが必要になる可能性があります。
すらっとした高い鼻や鼻先の向きを変えるのにも、土台はとても大切なものとなります。

鼻中隔延長では、鼻中隔軟骨にさらに軟骨を移植していき、鼻の先端に軟骨を乗せても、鼻が沈み込まないようにする目的があります。
特に、アジア圏では鼻中隔軟骨の発達が乏しく、軟骨移植だけでは理想の鼻にならないことがあります。その場合には、鼻中隔延長を組み合わせて施術を行っていくことがあります。

Recommend

鼻中隔延長がおすすめの方

鼻中隔延長がおすすめの方を案内している女性
  • すらっとした鼻筋がほしい
  • 団子鼻に悩んでいる
  • 鼻の高さがほしい
  • 短い鼻に悩んでいる

About

鼻先の構造

鼻中隔延長手術の症例

鼻先は、鼻骨・外側鼻翼軟骨・鼻中隔軟骨・大鼻翼軟骨・脂肪でできています。正面から鼻を見た場合、上側の3分の1は骨で支えられており、中央部分の3分の1は鼻中隔軟骨で支えられています。この鼻中隔軟骨を中心に、左右に外側鼻翼軟骨が存在します。鼻中隔軟骨と外側鼻翼軟骨は固く結ばれています。

そして、下側には大鼻翼軟骨があり、鼻柱(鼻の穴と穴の間)をしっかりと支える役割を果たしています。大鼻翼軟骨は、後ろと上から鼻中隔軟骨に支えられています。しかし、鼻中隔軟骨が小さい場合、大鼻翼軟骨は後ろへとずれてしまいます。そうなると、鼻先は短く上向きに変わります。その結果、鼻が短くなったり低くなったりしてしまう場合があります。
このようなタイプの鼻に対しておすすめなのが鼻中隔延長です。

Approach

鼻先を整えるためのアプローチ法

鼻先を整えるためには、2つのアプローチ法があります。手術の内容により、どちらのアプローチ法を適用するかを判断していきます。

  • オープン法
  • クローズ法

オープン法

オープン法は、鼻の内側と鼻柱(鼻の穴と穴の間)を切開する手術法です。軟骨を確認しながらおこなえる手術で、鼻の穴が小さいお客様や皮膚がのびづらいお客様に適した方法です。しかし、鼻柱に傷がついてしまいます。

クローズ法

鼻の穴の中を切開する方法です。オープン法との違いは、切開する場所が中にあるか、外にあるかです。また、オープン法と比較すると、手術操作が鼻の中となるため、難しくなります。しかし、術後のイメージを想像しやすく、傷跡も外側にできないのが特徴となります。

Demerit

鼻中隔延長のデメリット

鼻中隔延長をおこなうことで、理想の鼻を長期間維持することができます。家に例えると、基礎がしっかりしていれば地震が起きた場合に、倒壊を軽減したり、未然に防ぐことが可能です。
鼻中隔延長は鼻を美しく整えるうえで、大切な基礎の役割を果たしています。
しかし、鼻中隔延長にもデメリットが存在します。

  • 手術範囲が広まる
  • 手術によって感染症をおこす可能性

これらについて詳しくご説明していきます。

手術範囲が広まる

鼻中隔延長を行う場合、どうしても手術する範囲が広くなってしまいます。
手術範囲が広がると、手術時間も長くなり、それにともなってダウンタイムも長くなる場合があります。
土台がしっかりとしていれば、鼻中隔延長は必要ないこともあるため、カウンセリングや診察をしっかりとおこなったうえで、手術プランをお伝えしていきます。

感染症をおこす可能性

鼻中隔延長をするうえで、1番大きなデメリットが感染症です。軟骨を移植することで、感染症や合併症を引き起こす可能性があります。感染症を起こす可能性は、全体の0.5%と低い数値となっています。
しかし、感染症を起こしてしまうと、移植した軟骨を取り除く必要がでてきます。
また、感染症により、皮膚の拘縮がおき、元の鼻よりも短くなる可能性もあります。感染症が落ち着いたのち、6ヶ月〜12ヶ月後より再手術はできることになっています。しかし、お客様には身体の負担に加え、精神的にも大きな負担を与えてしまうことにもなります。

e-クリニックでは、高い技術と高品質な美容医療を提供するべく、日々努力しております。
最先端の医療機器を導入するほか、医師やスタッフの技術向上にも力を入れています。
また、お客様が安心して手術を受けられるように、万全のアフターケアもご用意しております。お悩みをお持ちのお客様は、是非一度e-クリニックにご相談ください。

Price

料金表

鼻中隔延長 保存軟骨キャンペーン価格 ¥429,000(税込)
モニター価格 ¥329,780(税込)
鼻中隔延長 耳軟骨キャンペーン価格 ¥539,000(税込)
モニター価格 ¥439,780(税込)
鼻中隔延長 肋軟骨キャンペーン価格 ¥539,000(税込)
モニター価格 ¥439,780(税込)
切らない鼻中隔延長 4本キャンペーン価格 ¥66,000(税込)
モニター価格 ¥55,000(税込)
切らない鼻中隔延長 8本キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
モニター価格 ¥110,000(税込)
TessNose(テスノーズ) 4本キャンペーン価格 ¥107,800(税込)
TessNose(テスノーズ) 8本キャンペーン価格 ¥184,800(税込)
モニター価格 ¥140,800(税込)
TessNose(テスノーズ) 12本キャンペーン価格 ¥239,800(税込)
モニター価格 ¥184,800(税込)

Doctor このページの監修医について

伊藤 渉

伊藤 渉 Wataru Ito

e clinic 福岡院院長

「eクリニック福岡院院長。最大手美容外科にて、銀座院副院長、地方大規模院院長およびグループ技術指導医を歴任。目元整形および若返り整形症例数4000件以上。クマ治療では、「脱脂」「脂肪・ヒアルロン酸注入」「裏ハムラ法」などあらゆる術式を網羅し、「糸リフト」「脂肪注入」などの輪郭若返り整形にも特化。若返りのスペシャリスト。

経歴

略歴

  • San Luigi Gonzaga University Hospital(イタリア) 留学 
  • 東北大学医学部 卒業
  • みやぎ県南中核病院 麻酔科・外科・脳神経外科
  • 大手美容外科院長、技術指導医歴任
  • eクリニック東京院 副院長
  • eクリニック 福岡院 院長

資格・専門医

  • アメリカ心臓協会 BLSプロバイダー
  • アメリカ心臓協会 ACLSプロバイダ
  • ボトックスビスタ® 施注資格
  • ジュビダームビスタ® 施注資格

所属学会

  • 日本美容外科学会

無料カウンセリングのご予約はこちら