小鼻縮小

可愛い鼻の女性

About

小鼻縮小とは

小鼻縮小手術の症例写真

小鼻の一部の皮膚を取り除き、小鼻の広がりを小さくする施術です。
小鼻の横の広がりが気になる方や、鼻の穴の大きさが気になっている方におすすめの施術です。
小鼻縮小は、鼻の美容施術の中でも、特に多くの方が希望されている人気の施術となります。

目立ちにくい場所を切開して細かく縫合致しますので、術後数か月経過すると近くで見てもほとんどわからないレベルにまで傷跡を小さくすることができます。
また、術後のダウンタイムが短いことも施術の小鼻縮小のメリットです。

小鼻縮小といっても、希望される鼻の形やその方の元の鼻の状態により施術内容が異なります。
e-クリニックでは、小鼻縮小の方法として、いくつもの方法がございます。事前カウンセリングにて、お一人おひとりのご希望に応じた施術内容をご提案させていただきますのでご安心ください。
また、eクリニック福岡院ではアフターサポートや保証制度を導入していますので、安心して施術を受けて頂くことができます。

Method

小鼻縮小の手術方法について

大きく分けて、鼻の穴の内側や外側を切開し皮膚自体を取り除く方法と、糸を用いた切らない方法の2種類がございます。

内側法と外側法について福岡院の院長が動画で解説しています。


小鼻縮小の手術法には以下のような方法があります。

鼻腔内切開 

鼻腔内切開 

鼻腔内切開の図解

鼻の内側から切開し、鼻の穴を小さくすることで小鼻の幅を狭くする方法です。メリットとして外側に傷が残りませんが、変化は限定的になります。

内側法

内側法の図解

鼻下から鼻腔にかけて切開し、皮膚の一部を取り除く方法です。外側法より小鼻の幅を小さくすることが可能です。また傷は比較的目立ちにくいのが特徴です。

外側法

外側法の図解

小鼻の付け根の外側の皮膚を切開し、皮膚の一部を取り除く方法です。小鼻の外側を切開するので、他の方法と比べると傷が目立つ位置にできてしまいます。しかし、小鼻の張り出しを大きく改善できます。

内外側法

内外側法の図解

内側法と外側法を組み合わせて行う手術方法です。

FRAP法

フラップ法の図解

皮膚のみを切除し、他の方法では取り除いてしまう軟骨組織は残します。皮下にトンネルを作り、組織を左右から引き込む形で縫合していく方法です。傷が目立ちにくく、内側に引っ張り固定するため笑った時の小鼻の広がりが抑えられます。しかし、鼻の下が盛り上がってしまう可能性があるので、バランスを見ながらの施術が必要です。

引き締め縫合

左右の小鼻の付け根に、糸をかけて引き締めながら縫合していく手術方法です。術後の広がりや後戻りを予防するために行います。

eクリニックでは、小鼻縮小とは異なりますが、小鼻の形を整える施術として尾翼挙上術、鼻孔縁挙上術、鼻孔縁下降術も行っております。
カウンセリングにて、ご希望される理想の鼻の形に必要な施術方法をご提案させていただきます。

failure

小鼻縮小手術の失敗例

小鼻縮小手術の失敗例をご紹介します。
失敗例は大きく分けて、「小鼻が下に下がってしまう」「鼻先の丸みが強調される」「変化がないのに傷跡が残ってしまう」の3点が挙げられます。

術後に小鼻が下がってしまう

小鼻自体を大きく切ってしまうと、小鼻が下に下がってしまい鼻柱と小鼻の位置関係のバランスが不自然になってしまう場合があります。
この失敗例は内側法で多いです。
内側法が適応の方は、鼻の土台が広がっている方になります。
小鼻縮小の手術では小鼻自体ではなく、鼻孔底(びこうてい)という土台の部分をしっかり切り取って内側に向かって左右の小鼻をしっかり移動させて変化させることが重要です。
また、傷口を縫合する際は、左右の小鼻に糸をかませて、内側にキュッと結び付けながら傷口を縫合していくテクニックを用いる事で、しっかり水平方向に小鼻を移動させ後戻りを予防することが可能です。

鼻先の丸みが強調される

小鼻縮小手術の術後に、鼻先の丸みが悪化する場合があります。この失敗は、鼻先の丸みがもともと強い「団子鼻」と呼ばれる方に多いです。
団子鼻の方が小鼻縮小の手術のみを行ってしまうと、鼻先は丸いままなのに小鼻だけが縮小されるため、かえって鼻先の丸みだけが強調され、大きい鼻のイメージになってしまいます。
鼻先が上を向いていてアップノーズの方の場合も小鼻縮小をしても悩みが解決しない場合があるので注意が必要です。
そのため、鼻の美容整形の場合、小鼻縮小だけとか鼻尖形成だけとか鼻中隔延長だけとかではなく色々な手術を組み合わせて理想の鼻を形成することが重要です。

変化がないのに傷跡が残ってしまう

適応がないのに小鼻縮小の外側法だけをしてしまうと、そんなに変化がないのに、外側に傷跡だけが目立ってしまう場合があります。
外側法が適応の方は、小鼻の張り出しが強い方になります。そのため張り出しがそこまでない方の場合、内側法がお勧めです。

小鼻縮小手術の医師選びのポイント

医師が適切に処置をしたとしても仕上がりは個人差があります。ただ手術は失敗をできるだけしないようにすることに越したことはありません。
小鼻縮小手術は、医師の診断と適用の見極めが大切です。
小鼻縮小術を受ける場合、内側法、外側法、内外側法、鼻翼挙上、鼻孔縁挙上ができて、さらに適応が見極める医師を選ぶことがポイントです。

Recommend

小鼻縮小手術がおすすめな人

小鼻縮小手術がお勧めな人を説明する看護師
  • 鼻の穴が大きく見える
  • 小鼻を小さくしたい
  • 笑ったときの鼻の広がりが気になる
  • 正面から見て鼻の穴が目立つ
  • 存在感のない鼻にしたい
  • 加齢に伴って鼻の穴が横に広がってきた

e-クリニックの小鼻縮小の特徴

鼻は顔の中心に位置しており、美しい顔のバランスを整えるためには重要なパーツです。日本人の美しい顔の条件として「忘れ鼻」という言葉があり、すっきりして目立たない鼻のことをいいます。印象に残らない自然な鼻であることが、バランスの良い美人の条件と言えるでしょう。
ひとくちに鼻の整形といっても、鼻の高さや鼻先の角度、小鼻の大きさなど様々な細かいデザインが必要になってきます。医師やクリニックにおいては、技術的に難しく数種類の手術方法しか取り扱っていないケースもあり、お客様に最適の方法の選択が難しい場合もございます。e-クリニックでは施術内容を幅広くご用意しておりますので、どんなご要望にも適した施術内容をご提案させていただくことが可能です。
また当院では、経験豊富な医師のみが診断からデザイン、施術までの全てを担当しております。細かなデザインと技術が必要な鼻の整形であっても、お客様のご希望に沿った理想の鼻に仕上げることが可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

faq

小鼻縮小に関するQ&A

術後は何回通院すれば良いですか?

施術内容によって異なりますが、最低でも施術から3日目、7日目の診察が必要となります。経過や施術内容によっては、さらにご来院が必要となるケースもございます。

傷跡は目立ちませんか?

e-クリニックでは、鼻の形や張り出しにあわせて目立ちにくい場所を切開しておりますので、傷自体が目立ちません。また、バランスを見ながら縫合していきますので、さらに目立ちにくくなります。ただし抜糸までは糸が残っておりますので、傷跡が目立つ場合もございます。

遠方なので当日に手術を受けたいです。

鼻の手術は、お客様の理想の鼻の形に仕上げるために丁寧なカウンセリングとデザインが必要となります。また、手術自体も細かな技術が必要になり手術時間も長くなります。そのため、当日の施術ではなく、別日での施術をご案内しております。

手術後、左右の鼻の穴の大きさが違ってしまわないか心配です。

お客様の現在の鼻の形や理想の仕上がりの形のバランスを見ながら、施術を行うのでご安心ください。

Price

料金表

小鼻縮小 鼻腔内切開キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
小鼻縮小 内側法キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
小鼻縮小 外側法キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
小鼻縮小 内外側法キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
小鼻縮小 引き締め縫合キャンペーン価格 ¥55,000(税込)
モニター価格 ¥55,000(税込)
小鼻縮小 flap法キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
切らない小鼻縮小キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)

Doctor このページの監修医について

伊藤 渉

伊藤 渉 Wataru Ito

e clinic 福岡院院長

「eクリニック福岡院院長。最大手美容外科にて、銀座院副院長、地方大規模院院長およびグループ技術指導医を歴任。目元整形および若返り整形症例数4000件以上。クマ治療では、「脱脂」「脂肪・ヒアルロン酸注入」「裏ハムラ法」などあらゆる術式を網羅し、「糸リフト」「脂肪注入」などの輪郭若返り整形にも特化。若返りのスペシャリスト。

経歴

略歴

  • San Luigi Gonzaga University Hospital(イタリア) 留学 
  • 東北大学医学部 卒業
  • みやぎ県南中核病院 麻酔科・外科・脳神経外科
  • 大手美容外科院長、技術指導医歴任
  • eクリニック東京院 副院長
  • eクリニック 福岡院 院長

資格・専門医

  • アメリカ心臓協会 BLSプロバイダー
  • アメリカ心臓協会 ACLSプロバイダ
  • ボトックスビスタ® 施注資格
  • ジュビダームビスタ® 施注資格

所属学会

  • 日本美容外科学会

無料カウンセリングのご予約はこちら