クマ取りの脂肪注入で失敗?回避方法をご紹介

目の下のクマが綺麗な女性のイメージ
目の下の脂肪注入の3週間後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

クマ取りには複数の種類がありますが、どの手術や施術でも高難易度で、失敗例も後を絶ちません。しかし、視差敗するからには、その理由が存在しているのです。こちらのコラムでは、クマ取りの脂肪注入にスポットを当てて、失敗例や失敗する理由、失敗を回避する方法についてご紹介しています。

福岡院のクマ取りの詳細

introduction

クマ取りの脂肪注入で失敗?失敗例と理由をご紹介

クマ取りの脂肪注入は、目元の美容整形の中でも失敗が多いといわれていますが、失敗するからにはその理由が存在しています。
それでは早速、クマ取りの脂肪注入における失敗例と失敗の理由についてご紹介しましょう。
ここで紹介する失敗例は一例になります。医師が適切な処置を施したとしても、効果の出方は個人差があります。手術自体は成功だとしても、受けられた側からしたら失敗と思うケースもあります。当院はクマ取りの美容整形の症例が豊富です。できる限りお客様にご満足いただけるよう、最善を尽くして目の下のクマ取りの手術を行っています。

思っていた以上に効果の持続期間が短かった

クマ取りは、一度受ければ何度も受ける必要がないというメリットがあります。
しかし、脂肪注入に限っていうのであれば、再度受けなければならない事態に陥ってしまうこともあるのです。
クマ取りの脂肪注入では、現在の状態だけではなく、数年後の状態も見据えた上で脂肪の注入量を調節する必要があります。
というのは、脂肪注入した脂肪は、すべてが定着するとは限らず、注入量の半分程度が経年で体内に吸収される可能性があるからです。
クマ取りの脂肪注入に用いられる脂肪はお客様から採取しますので、異物反応やアレルギー反応が起こる可能性が極めて低いというメリットがあります。
しかしその反面、ご自身から採取した脂肪だからこそ、体内に吸収されやすいというデメリットも持ち合わせているのです。

失敗理由

クマ取りの脂肪注入で早期に効果が消失した場合では、注入する脂肪の量が不足していたことが理由として考えられます。
つまり、経年変化を考慮せずに脂肪注入を行った可能性があるということなのです。
この判断は大変難しく、微調整を行える医師でないと適量の判断を見誤り、注入量が少なすぎたことで失敗したと感じる仕上がりになってしまうことがあります。
そしてそうならないためには、クマ取りの脂肪注入を熟知しており、なおかつ技術力が高い医師に施術を任せる必要があるのです。
クリニックや医師の選び方については以下でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

術後の表情が不自然になってしまった

クマ取りの脂肪注入では、注入したすべての脂肪がそのまま定着することは珍しく、定着するのは約50~60%程度だと考えられています。
では、定着しなかった脂肪がどこへ行ってしまうのかといえば、体内に吸収されているのです。
クマ取りの脂肪注入では、お客様ご自身から採取した脂肪を加工して注入するため、体内に吸収されてしまうと聞いても、特に驚くようなことはないでしょう。
このように、脂肪注入では注入量の半分程度が体内に吸収される可能性があるため、その分を見越してやや多めの量を注入するケースが多いです。
しかし、たまたま脂肪の定着率が良かった場合では、多めに注入した脂肪がかたまりになって、笑った際にポコッと出っ張ることがあります。
つまり、不自然な表情になる可能性があるということですね。

失敗理由

必要以上に多い量の脂肪を注入したことが原因です。
クマ取りの脂肪注入で注入する脂肪は、お客様の太ももやお腹など、皮下脂肪が多い部分から採取することになります。
そして、ここで知っておいていただきたいのは、自らの脂肪であっても、目の下という別の組織に注入した場合では完全に馴染めないケースもあるということです。
つまり、表情筋に馴染んで自然に組織の一部になれなかった脂肪はそのまま塊として残り、笑った際などにポッコリとした不自然なふくらみを形成することがあるということなのです。
定着しない可能性がある脂肪の分を見越して脂肪を多めに注入するという行為自体は、どこのクリニックでも普通に行われます。
しかし、注入量が多すぎた場合では、不自然な表情の原因になる可能性があります。

思っていたほどの効果を得られなかった

思っていたほどの効果を得られなかったという失敗も、クマ取りの脂肪注入ではよく耳にします。
たとえば、上記でご紹介した脂肪の注入量が少なすぎた場合では、術後しばらくは効果を実感できたとしても、短期間で効果が消失することも珍しくありません。
また、注入量が多すぎた場合では、不自然な表情になる可能性があるというお話もしました。
では、せっかく脂肪注入をしたのに、思っていたほどの効果を得られなかったその裏には、どのような理由が潜んでいるのでしょうか。

失敗理由

思っていたほどの効果を得られなかった理由として考えられるのは、そもそも脂肪注入がお客様に合っていなかった可能性があるということです。
クマ取りの脂肪注入は、皮膚のたるみでできた黒クマ改善目的のほか、ハムラ法と呼ばれる脂肪の再配置をサポートする目的で行われることがあります。
脂肪の再配置とは、経結膜脱脂のように眼窩脂肪を除去するのではなく、凹みがある頬や鼻寄りの位置に眼窩脂肪を移動させて固定する方法です。
そして、この方法でクマ取りを受けると、目の下のふくらみが改善され、凹み部分が目立たなくなるという効果を得られます。
しかし、脂肪の再配置で凹み部分に眼窩脂肪を移動させたとしても、まだ凹みが目立っていることも少なからずあり、そのようなときに行われるのが脂肪注入の併用なのです。
脂肪の再配置と脂肪注入の併用は医師の判断によって行われますが、もともと目の下のふくらみが大きい方の場合では、脂肪の再配置と脂肪注入で、手術前とあまり代り映えしない仕上がりになってしまうことがあります。

クマ治療のバナー

人気の福岡院のクマ治療のご予約はコチラから⇒

countermeasure

クマ取りの脂肪注入で失敗しないための対策

クマ取りの脂肪注入で最も気をつけたい点、それは、「脂肪注入が本当に必要かどうか」の見極めです。
それでは、もう少し具体的に、クマ取りの脂肪注入で失敗しないための対策をお伝えしていきましょう。

福岡院のクマ取りの詳細

症状に合った手術や施術を選ぶこと

クマ取りでは、お客様の状態を細かく確認して、症状に合った手術や施術を選んで行う必要があります。
たとえば、上記で触れた脂肪の再配置(ハムラ法)では、表面の皮膚を切開して脂肪の再配置と皮膚・眼輪筋の切除を行う表ハムラ法と、下まぶたの内側の結膜を切開して脂肪の再配置のみを行う裏ハムラ法があります。
これらの方法は、いずれも目の下のふくらみ取りを行える方法ですが、お客様に合っていない方法だった場合では、納得できる結果を得られないでしょう。
これは脂肪注入でも同様で、脂肪注入のみのクマ取りだけではなく、経結膜脱脂やハムラ法と脂肪注入を併用した場合でも、その方法がお客様に合っていなければ、思っていたほどの効果を得られなかったと感じる可能性があるのです。

脂肪注入に用いられる脂肪の質に注意

クマ取りの脂肪注入に用いられる脂肪は、お客様から採取した状態で使用するのではなく、コンデンスファットもしくはナノファットという形に加工して用いられます。
コンデンスファットとは、採取した脂肪から不純物を取り除き、濃縮加工された脂肪のことです。
一方、ナノファットというのは、採取した脂肪細胞をナノ化させて不純物を取り除き、幹細胞を取り出した脂肪です。
コンデンスファットとナノファットは、ともにクマ取りの脂肪注入に適していますが、定着率の良さで考えるのなら、ナノファットに軍配が上がるといったところでしょうか。
当院では、定着率が良いナノファットを採用していますので、より高いクマ取り効果をご実感いただけるでしょう。
クマ取りに用いられる脂肪の質は、その後の効果や効果の持続期間に影響を及ぼす可能性があります。
少しでもクマ取りの脂肪注入で失敗したくないという思いがあるのなら、ナノファット技術を取り入れたクリニックを選ぶべきでしょう。

クマ治療のバナー

人気の福岡院のクマ治療のご予約はコチラから⇒

important

【重要】脂肪注入で失敗しないクリニックと医師の選び方

クマ取りの脂肪注入で失敗したくないなら、実際に手術や施術を受けるクリニックや医師を慎重に選ばなくてはなりません。
というのは、クリニックによって在籍している医師のレベルには差があり、中にはクマ取りの脂肪注入に関する知識や技術が不足した医師が存在している可能性が否定できないからです。

お客様の要望をヒアリングし、適切な手術や施術を提案できる医師がベスト

クマ取りでは、お客様の要望をしっかりとヒアリングした上で、要望に添える手術や施術の提案を行える医師を選ぶことが大切です。
たとえば、1種類の方法のみをゴリ押しするような医師の場合では、その他の手術や施術に対する自信がなく通り一遍でクマ取りを使用としている可能性が考えられます。
つまり、選んでしまっては危険な医師だと判断できるということです。
そうではなく、お客様の要望をヒアリングした上で、適切だと思われる手術や施術を複数提案できる医師は、ひとまず信頼できると判断できるでしょう。

微調整できる医師を選ぶ

クマ取りの脂肪注入では、脂肪の注入量を微調整することで理想の目元を実現できます。
そのため、脂肪の採取量や注入量を的確に判断し、微調整しながら注入を行える医師を選ぶことが望ましいということです。
そうでない医師を選んでしまうと、今回ご紹介してきたような「脂肪の取り残しや取りすぎ」によるトラブルに見舞われる可能性がありますので、十分な注意が必要です。

アフターフォロー体制が整ったクリックであること

クマ取りの脂肪注入ではダウンタイムがあり、楕円タイム期間中には思いのほか強い腫れや内出血が出るなど、不安要素がいくつもあります。
そして、そのようなときの心強い味方がアフターフォローです。
アフターフォロー体制が整っているクリニックでは、些細なことでもお客様に寄り添い、お客様にとってベストな対処方法を案内します。
また、クリニックによっては保証制度が設けられている場合もありますので、少しでも不安をお持ちなら、保証制度が設けられているクリニックを選ぶことも重要です。

photo

失敗しないように配慮したクマ取りの症例写真

【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラのクマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りの1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の全方向拡大とクマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りの1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

eクリニック 福岡院ではクマ取りの脂肪注入を積極的に行っています。失敗に配慮して丁寧に対応しています。クマ取りの脂肪注入の症例は、インスタグラムで多数公開しています。ぜひチェックしてみてください。

福岡院院長のインスタグラムのバナー

クマ取りの症例写真がいっぱい。福岡院院長のインスタグラムはコチラ⇒

summary

クマ取りの脂肪注入ならeクリニック福岡院

イークリニック福岡の外観

【おススメ関連コラム】福岡院で行っている目の下のたるみ取りの種類と効果を医師が解説▶

クマ治療のバナー

人気の福岡院のクマ治療のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム